フローリングの穴の補修に失敗しないために知っておくべき4つのこと

フローリングの穴の補修に失敗しないために知っておくべき4つのこと

棚が倒れたり、照明器具が落ちたりしてフローリングに穴があいてしまった場合、そのままだと見た目が悪いだけでなく、穴の周りから傷みが広がっていく。

自分で直せるのか?プロに頼む方が良いのか?

フローリングの穴をDIYで補修する方法、プロに依頼する際のポイントを解説する。

また最後にはフローリング修理費用の自己負担分を大幅に抑える火災保険の活用方法も紹介している。ぜひ最後まで読んで欲しい。

住宅損傷の火災保険活用 ー 無料調査はこちら」

フローリングに穴があいた時に備えて知ってきたい基礎知識

フローリングに穴があいた時に備えて知ってきたい基礎知識

フローリングに穴があいた状態は何故危険なのか?

一般的な戸建て住宅のフローリングは、複合フロアと呼ばれる合板に表面仕上げ材が貼ってあるタイプのものが多い。フローリングの厚みは、1.2cm程度で、表面の仕上げ材は、0.3mm程度だ。マンションの二重床や裏面にクッション材を貼った防音フローリングでも基本的には同じ構造だ。

フローリングに穴が空いた状態とは、表面の仕上げ材を突き抜け合板部分まで傷ついてしまっている状態だ。フローリングの下には、下地があるため、穴によって床が陥没して落下するようなことはほとんどないが、表面が傷んだ状態だと、見た目が悪いだけでなく、ササクレが発生し素足で歩くとトゲが刺ささり怪我をする可能性があり危険だ。

また、フローリングは表面の仕上げ材やコーティングにより水を弾いているが、基材自体は水に弱い。フローリングに穴があいたまま放置したままで、そこに水をこぼしたりすると、フローリングが著しく劣化する。その劣化は、徐々に周りに広かっていく。

放置するとその被害が拡大し補修する範囲も大きくなり最悪の場合、貼替えも必要になる。広範囲に渡って、フローリングの基材が腐ったりすると床が抜けたりする可能性もある。表面からは見えない合板内部で腐食が広がるため非常に危険だ。

フローリングの種類による補修の違い

合板フローリングの表面仕上げには、大きく分けて、「突き板」と呼ばれる、薄い天然木シートが貼られているものと、オレフィンなどの樹脂や特殊加工紙と呼ばれる化粧シートが貼ってある「シート」フローリングの二種類に分かれる。

補修の方法に大きな違いはないが、突き板フローリングは、穴埋めや色合いをなじませやすく、補修しやすいフローリングといえる。一方シートフローリングは、表面の柄はプリントされたもののため、多彩な色柄がある為、補修部分を目立たなくするには技術がいる場合が多い。

また、無垢フローリングと呼ばれる1枚の木でできたフローリングの場合は、軽度な穴なら木の復元力を活かし補修する方法もある。フローリングに水分を含ませ、アイロンを当てることで、穴部分のフローリングが膨張し、穴が埋まる場合がある。これは、突き板フローリングやシートフローリングではできない方法だ。

また、スギ無垢フローリングなどの場合は、もともと柔らかい材質のため、へこむことを想定しており、多少の穴があいても怪我しない程度に周りをなだらかにしたり、目立たないようにしたりするだけの場合もある。穴を埋めて補修する場合には、合板フローリングと同様の流れとなる。

DIYでフローリングの穴を補修する方法

DIYでフローリングの穴を補修する方法

DIYで補修できる場合とは

自分で補修するためのキットは多数販売されている。それらを使えば、フローリングの穴を自分で補修することは可能だ。

DIYで行う補修とプロが行う補修の一番の違いは、仕上がりの差だ。実際、自分でやってみてうまくいかなかったために、再度業者に補修を依頼する場合も多い。自分でやるかどうかは、どこまで元通りに近づけるかで判断するのがよい。

補修キットは、2000円~5000円程度で購入が可能なので、一度自分でやってみても良いだろう。ただ、穴の大きさが1cmを超える場合などは、きれいに仕上げる難易度が上がるため、プロに依頼したほうが良い場合が多い。

DIYリペア用の道具とは

フローリングの補修に必要な道具は、穴の程度やフローリングの種類によって使い分ける。補修には、「穴を埋める材料」と「表面を仕上げるツール」が必要だ。

フローリングの穴を埋めるのに使うのは、熱で溶かして使う樹脂材や、練って使うエポキシパテなどがある。表面を周りのフローリングとなじませるには、ペンや筆などのツールがある。以下はDIY向けのフローリング補修ツールだ。

突き板フローリングの穴の補修に

ハウスボックス キズなおしま専科 ダーク

https://amzn.to/2I0tfSL

熱に弱いシートフローリングの穴の補修に

ハウスボックス イージーリペアキット ライト

https://amzn.to/2SCrP4T

比較的軽微な穴の補修に

キズ職人

https://amzn.to/2SAmsD9

パテ埋めが必要なフローリングの穴の補修に

ハウスボックス わが家のリフォーム屋さん 木工用

https://amzn.to/2Ggyfki

DIYで行うフローリングの穴補修の流れ

ここでは、天然突板仕上げフローリングの穴を、上記で紹介した、キズなおしま専科(ハウスボックス)で補修する場合の方法を説明する。

【フローリングの穴補修の流れ】

1.フローリングの穴周辺の掃除・バリ取り

フローリングの穴の縁部分についたバリやささくれなどをカッターで削るように取り除く。それらを取り除いた後、仕上がりを良くするために縁を押さえ、穴とフローリングの境目を平滑にしておく。

2.穴埋め用の樹脂を付属の電熱コテで溶かし、穴に流し込む。

穴埋め用の樹脂は複数の色が同梱されている。一色ではフローリングの色と合わない場合は、それらを調色して使用する。調色は、電熱コテの上で溶かしながら行う。熱せられたコテの上での作業のため、竹串などの木製の道具を使い混ぜ合わすようにする。埋めた樹脂は後で整えるので、多少盛る程度に埋めていく。

3.表面を平滑に仕上げる

樹脂が固まったら、埋めた穴とその周辺に、耐熱保護材を塗り込む。その後、熱した電動コテで盛り上がった部分の樹脂を取り除き、表面を少しずつ平滑にしていく。

4.木目を書く

穴が埋まったら、付属のペンを使って、木目を書いて周りのフローリングの柄となじませる。ペンで書いただけだとくっきりしすぎて違和感がある場合は、指でぼかしたり、付属のスチールウールでこすったりしながら調整する。

熱に弱い樹脂シート系のフローリングの場合は、別タイプの補修キットを使用する。補修方法の流れは突板フローリングの場合とほぼ同様だ。

上記の補修方法の参考となる補修作業の様子が下記である。

https://www.youtube.com/watch?v=NPT_GYlBTTo

小さな穴の補修なら、クレヨンタイプのものを使えばより補修は容易になる。

クレヨンをこするようにして穴を埋め、表面を慣らした後、ペンなどで木目を書き仕上げる。逆に、穴が深い場合には、エポキシパテを使い、穴を埋め、表面に色付けして仕上げる。このように補修キットは、フローリングの材質や穴の状態によって使い分けることが大切だ。

プロに依頼する場合のポイント

プロに依頼する場合のポイント

プロにリペアを依頼した方が良い場合とは

元の状態にできる限り近づけたい場合には、プロの業者に依頼するのが適切だ。

特に優秀なリペア職人の場合、フローリングの穴の状況にもよるが、補修した場所がどこなのか分からないほどキレイに仕上がることが多い。

また、見映えだけではなく耐久性やその後の仕様について不具合が出ないように施工するため、穴を隠すのではなく、しっかりと補修される点も安心のポイントとなる。なので、賃貸住宅で、原状復帰を想定してしっかりと補修しておきたい場合などはプロに依頼するのが得策だ。

また、補修する範囲が広い場合、違和感のなく仕上げるのが極端に難しくなるためプロに依頼するのが良いだろう。一般的には、キズの深さが、1mm以上ある場合や傷の範囲が15cm以上ある場合はDIYでの補修は難しい。ノートパソコンを落としてフローリングに深い穴が開いたなどの場合や、大きな書棚などが倒れ、凹みができてしまった場合にはプロに頼むことをおすすめする。

プロのリペア作業や道具について

プロの補修では、フローリングの種類によって道具を使い分けするために、非常に多くのリペア用材料を準備している場合が多い。種類が多い分、フローリングの状態の見極めが必要になる。また、表面の仕上げを行うためのペンや筆、カラーのバリエーションがDIY用の施工キットとの圧倒的な違いとなっている。

費用はいくらぐらいかかる?

リペアの料金相場は、15000円~(箇所)である。これは技術料であり、諸経費はまた別となる。また職人の技術力によっても単価は変化するのでご注意頂きたい。

ビス(5mm程度)の穴の数カ所の補修なら2時間程度で完了するのが一般的だ。作業内容と作業時間はフローリングの状況によって異なるので、まずは、写真などを送ることで、概算見積もりを出してもらうようにしたい。

フローリングの穴の補修は、補修箇所や補修範囲が広すぎる場合は、コスト的に貼替えたほうが良い場合もあるが、技術のあるリペア職人なら、どのタイプのフローリングでもリペアの方が安くつく場合が多い。

また、フローリングは、フローリング同士がサネという凹凸のかみ合わせされているため、部分貼替えを行うには、そのサネをカットして貼り替えることになる。

サネをカットしてフローリングを貼替える場合、きれいに仕上がらなかったり床鳴りの原因になったりするなどのリスクもあるため、全面貼替えかリペア補修の二択になる場合が多い。このようにフローリングの穴の補修は、費用面以外にも、補修部分以外を傷めずに済むメリットもかなり大きい。

フローリングの穴補修を火災保険で実質無料となるケースとは?

フローリングの穴補修を火災保険で実質無料となるケースとは?

加入している火災保険の支払い対象事故として、「不測かつ突発的な事故」又は「破損・汚損」の項目がある場合、フローリングの穴の補修費用を火災保険で賄える場合がある。

「パソコンがカバンから落下し、フローリングに穴があいた」

「引っ越しの準備中に棚から飾り物が落下しフローリングが陥没した」

など上記のように故意でない住宅の破損は、火災保険の補償の範囲に該当する。これらの保証は、一般的な火災保険に含まれていることが多いので、補修を検討している場合には、補修工事を行う前に、まずは必ず保険契約を確認するようにしたい。

【記事監修】 山田博保

株式会社アーキバンク代表取締役/一級建築士

建築業界での経験を活かしたWEBメディアを運営。内装工事マッチングサイト「アーキクラウド」創業者。WEBコンサル事業、コンテンツ販売事業にも携わる。Facebookお友達申請大歓迎です。その他WEB集客、自社メディア構築、ビジネスモデル構築に関するコンテンツは公式サイトより。

無料調査依頼フォーム/住宅損傷修復ラボ
お名前
メールアドレス
電話番号
現在のご住所
調査物件住所
建物の種類
損傷箇所
損傷箇所詳細
住宅の築年数
加入中の保険
調査希望日
保険金が下りた場合工事をさせて頂くことに御了承頂けますか?(もちろん、下りなかった場合は工事する必要はございません)
その他ご質問
利用規約同意の上
フローリングの穴の補修に失敗しないために知っておくべき4つのこと

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です