屋根、雨樋、雨漏り、車庫等の修理に関するお金の問題を解決するための唯一の方法

火災保険は屋根、雨樋、雨漏り、水漏れ、カーポート等
自然災害による損傷にも適用されます。
保険申請のプロ集団が無料で調査
保険が適用されなければ工事不要
ノーリスクで利用できる画期的システム

「修復ラボ」ではこれまで多くの保険活用のお手伝いをさせて頂きました!
そして、全てにおいて自己負担ゼロで工事をさせて頂いています。

previous arrow
next arrow
Slider

自己負担ゼロで工事ができる「住ラボ」ご利用頂いたお客様より感謝の声を頂いています!
多くの声の中からその一部をご紹介させて頂きます。

自然災害による損傷で適用される火災保険を活用して自己負担ゼロで住宅を修復するサービスです。

火災保険は、火災のときだけしか補償されないと思っている人が多いですが実際には違います。一般的に火災保険は、台風や竜巻、大雨や豪雨による土砂災害などの自然災害によって、家屋が倒壊・破損して被害を受けた場合にも補償してくれるものです。主に屋根、雨樋、雨漏り、水漏れ、カーポート、フェンス、塀など外部の損傷に対して適用されます。

高確率で保険が適用されるように、保険申請のプロ集団が精密調査を無料で行います。

修復ラボでは、事前研修を経て一定の知識と技術を持つ工事会社のみと提携しています。保険申請は一つ間違えると、保険が下りなかったり、下りたとしても十分な工事ができる金額では無い場合が多々あります。満額を下ろすには、精密な調査と的確な報告書の作成が必要となるのです。

通常のリフォーム会社に依頼した場合は、工事金額がそのまま自己負担となります。例えば雨樋と屋根破損の部分的な修理をした場合、100万円に近い工事金額となるのですが、このお金はあなたの貯金から支払わければなりません。一方、修復ラボをご利用頂いた場合は、保険会社より支払われたお金で工事をしますので、自己負担は一切不要。あなたの貯金が減ることはありません。

修復ラボでは、無事保険金が下りた段階で工事の契約を結ばせて頂きます。もし仮に保険が適用されなかった場合は工事の必要はありません。損傷部分の調査や保険会社への申請は無料でさせて頂きますので、お客様の自己資金を一切使うことなくご利用頂けます。つまり、金銭的なリスクが全く無い画期的なシステムなのです。

何故火災保険で工事費用の自己負担をゼロにすることができるのか?

火災保険は、火災のときだけしか補償されないと思っている人が多いですが実際には違います。一般的に火災保険は、台風や竜巻、大雨や豪雨による土砂災害などの自然災害によって、家屋が倒壊・破損して被害を受けた場合にも補償してくれるものです。当然雨樋の破損にも適用されます。

その証拠に実際の保険会社が出しているパンフレットをみてみましょう。補償対象の中に自然災害がしっかりと記載されています。

<損保ジャパン>

出典: https://www.sjnk.co.jp/~/media/SJNK/files/kinsurance/habitation/sumai/sumai1709.pdf

<東京日動海上>

出典:https://www.tokiomarine-nichido.co.jp/service/live/total_assist/shohin/hosho.html

<三井住友海上>

出典:https://www.ms-ins.com/pdf/personal/kasai/gk.pdf

<あいおいニッセイ同和損保>

出典:https://www.aioinissaydowa.co.jp/personal/product/tough/house/building_comp.html

<ソニー損保>

出典:https://brg.sonysonpo.co.jp/share_brg/pdf/kasai/kasai_bank_171024.pdf

<SBI損保>

https://www.sbisonpo.co.jp/kasai/download/pdf/pamphlet_201803.pdf

<全労災>

出典:https://www.zenrosai.coop/contact/zenkoku/tokyo/info/ec_pamphlet.html#

<JA共済>

出典:https://www.ja-kyosai.or.jp/ebook/muteki_201704/html5.html#page=7

<セコム損害保険>

出典:https://www.secom-sonpo.co.jp/anshinmyhome/compensation/basic.html

<富士火災>

出典:https://www-465.aig.co.jp/pdf/library/1A1-11H.pdf

<朝日火災>

出典:https://www.asahikasai.co.jp/Portals/0/ebook/homeassist20171001/#page=5

<大同火災>

出典:https://www.daidokasai.co.jp/product/kojin_fire.php

保険会社が『この雨樋の損傷は自然災害によるものだ!』と認定すればその修復費用として保険金を受取ることができます。全てを認められたら自己負担ゼロ、一部を否認されたとしても大幅に自己負担を減らすことができます。

どのような工事会社でも火災保険の申請は可能なのか?

住宅の損傷が自然災害によるものであると保険会社へ認めてもらうためには、申請が必要となります。申請に必要なものは「現地調査報告書」と「工事見積書」です。この2つが保険会社が納得できる内容であれば認定してもらうことは難しくありません。

しかし、この2つの書類は一般の工事会社では作成することができません。保険会社に認めてもらえる書類を作成するには、「自然災害による損傷である理由」「被災した日付」「適切な工事価格」「写真の取り方」など長年の経験と知識が必要です。つまり、火災保険申請の多くの実績がある工事会社でなければ申請したとしても認定されないのが現実なのです。

自然災害による損傷で実際に下りた保険金額を公開!

では、実際にどの程度の損傷でどの程度の保険金が下りるか?当サイトの実例を公開させて頂きます。

この事例では台風による損害で屋根の瓦が損傷が発生し、それに伴い室内に雨漏りが発生しました。またカーポートへの被害も同時に発生し広範囲にわたって被害がありました。

屋根損傷写真1

屋根損傷写真2

屋根損傷写真3

屋根損傷写真4

屋根損傷写真5

屋根損傷写真6

室内雨漏り写真1

室内雨漏り写真2

損害修復工事:見積書内訳

保険申請のプロが調査と申請業務を行うことで結果的に75.8万円もの工事費用を保険金でカバーすることができました。

一般家庭においてこれだけの金額を捻出するのは正直痛い出費になるのではないでしょうか?火災保険は被保険者当然の権利であるので是非活用して頂きたいです。

たったの数分!必要事項のご記入

無料調査依頼フォームに必要事項をご記入ください。送信後、数分以内に返信メールが届きますのでご確認ください。お電話でのご相談も受け付けております。

現地調査の調整

専門スタッフの対応後、弊社が提携する保険申請のプロフェッショナルよりご連絡差し上げます。損傷の具合など細かい内容をヒアリングさせて頂き、現地調査の日程を調整さえて頂きます。

保険申請&工事の実施

現地調査後、保険会社へ提出する資料の作成をさせて頂きます。無事保険金が支払われたら工事の準備に取り掛かります。万が一、保険が適用さなかった場合は無理に工事を進めることはありませのでご安心下さい。

調査&工事は完全無料でさせて頂きます。
仮に保険が適用されなかった場合でも無理に工事を薦めることは一切致しません。
誠意を持って対応させて頂きますのでお気軽にお申込み下さい。

無料調査依頼フォーム/修復ラボ
お名前必須
メールアドレス必須
電話番号必須
現在のご住所必須
調査物件住所必須
建物の種類必須
損傷箇所必須
損傷箇所詳細任意
加入中の保険必須
保険金が下りた場合工事をさせて頂くことに御了承頂けますか?(もちろん、下りなかった場合は工事する必要はございません)必須
その他ご質問任意
利用規約同意の上