【ゼロ円】保険活用で床、壁、扉、洗面台など住宅のあらゆる損傷を修理

火災保険は壁、床、扉、洗面台、浴槽、キッチン
などの穴、傷、破損等、不測且つ突発的な事故
による損傷にも適用されます。
保険申請のプロ集団が無料で調査
保険が適用されなければ工事不要
ノーリスクで利用できる画期的システム

 

 

 

「住宅損傷修復ラボ」ではこれまで多くの保険活用のお手伝いをさせて頂きました!
そして、全てにおいて自己負担ゼロで工事をさせて頂いています。

 

previous arrow
next arrow
Slider

 

不測且つ突発的な事故で適用される火災保険を活用して自己負担ゼロで住宅を修復するサービスです。

火災保険は、火災のときだけしか補償されないと思っている人が多いですが実際には違います。一般的に火災保険は、モノを落としたり、体が当たって生じた損傷「不測且つ突発的な事故」にも補償してくれるものです。主に壁、床、扉、洗面台、キッチンカウンター、アルミサッシ、浴槽など内部の損傷に対して適用されます。

高確率で保険が適用されるように、保険申請のプロ集団が精密調査を無料で行います。

住宅損傷修復ラボでは、事前研修を経て一定の知識と技術を持つ工事会社のみと提携しています。保険申請は一つ間違えると、保険が下りなかったり、下りたとしても十分な工事ができる金額では無い場合が多々あります。満額を下ろすには、精密な調査と的確な報告書の作成が必要となるのです。

 

 

 

通常のリフォーム会社に依頼した場合は、工事金額がそのまま自己負担となります。例えば壁、扉に穴が空き交換修理した場合、20万円に近い工事金額となるのですが、このお金はあなたの貯金から支払わければなりません。一方、住宅損傷修復ラボをご利用頂いた場合は、保険会社より支払われたお金で工事をしますので、自己負担は一切不要。あなたの貯金が減ることはありません。

 

 

 

住宅損傷修復ラボでは、無事保険金が下りた段階で工事の契約を結ばせて頂きます。もし仮に保険が適用されなかった場合は工事の必要はありません。損傷部分の調査や保険会社への申請は無料でさせて頂きますので、お客様の自己資金を一切使うことなくご利用頂けます。つまり、金銭的なリスクが全く無い画期的なシステムなのです。

 

 

 

 

何故火災保険で建物修理費用の自己負担をゼロにすることができるのか?

火災保険は、火災のときだけしか補償されないと思っている人が多いですが実際には違います。一般的に火災保険は、不測且つ突発的な事故によりできてしまった損傷にも補償してくれるものです。当然、壁や床や扉など住宅内部の損傷にも適用されます。

その証拠に実際の保険会社が出しているパンフレットをみてみましょう。補償対象の中に「不測且つ突発的な事故」について記載されています。

<損保ジャパン>

出典: https://www.sjnk.co.jp/~/media/SJNK/files/kinsurance/habitation/sumai/sumai1709.pdf

<東京日動海上>

出典:https://www.tokiomarine-nichido.co.jp/service/live/total_assist/

<三井住友海上>

出典:https://www.ms-ins.com/pdf/personal/kasai/gk.pdf

 

<あいおいニッセイ同和損保>

出典:https://www.aioinissaydowa.co.jp/personal/product/tough/house/building_comp.html

<SBI損保>

出典:https://www.sbisonpo.co.jp/kasai/download/pdf/pamphlet_201803.pdf

<日新火災>

https://www.nisshinfire.co.jp/service/pdf/jutaku1901.pdf

<富士火災>

出典:https://www-465.aig.co.jp/pdf/library/1A1-11H.pdf

<楽天損保>

出典:https://www.rakuten-sonpo.co.jp/family/tabid/393/Default.aspx

<共栄火災>

出典:https://www.kyoeikasai.co.jp/pdf/personal/residence/athome.pdf

保険会社が『この損傷は不測且つ突発的な事故によるものだ!』と認定すればその修復費用として保険金を受取ることができます。全てを認められたら自己負担ゼロ、一部を否認されたとしても大幅に自己負担を減らすことができます。

 

 

どのような工事会社でも火災保険の申請は可能なのか?

住宅の損傷が不測且つ突発的な事故によるものであると保険会社へ認めてもらうためには、申請が必要となります。申請に必要なものは「調査報告書」と「工事見積書」です。この2つが保険会社が納得できる内容であれば認定してもらうことは難しくありません。

しかし、この2つの書類は一般の工事会社では作成することができません。保険会社に認めてもらえる書類を作成するには、「補償の対象となる理由」「適切な工事価格」など長年の経験と知識が必要です。つまり、火災保険申請の多くの実績がある工事会社でなければ申請したとしても認定されないのが現実なのです。

 

 

不測且つ突発的な事故による損傷で実際に下りた保険金額を公開!

では、実際にどの程度の損傷でどの程度の保険金が下りるのか?当サイトの実例を公開させて頂きます。この事例ではモノを落としたり、体が当たったりなど、突発的な事故で発生した損傷を保険を活用し、自己負担ゼロで修復しました。

 

扉の穴の場合。。

工事内容:扉の交換
工期:1日
保険金額:142,000円

壁の穴の場合。。

工事内容:壁の補修
工期:1日
保険金額:52,000円

床の傷の場合。。

工事内容:床の部分交換
工期:2日
保険金額:118,000円

洗面台の割れの場合。。

工事内容:洗面台の交換
工期:1日
保険金額:89,000円

 

保険申請のプロが申請業務を行うことで結果的に工事費用を保険金でカバーすることができました。

一般家庭においてこれだけの金額を捻出するのは正直、痛い出費になるのではないでしょうか?火災保険は被保険者当然の権利であるので是非活用して頂きたいです。

 

 

たったの数分!必要事項のご記入

【保険リペア】依頼フォームに必要事項をご記入ください。送信後、数分以内に返信メールが届きますのでご確認ください。損傷部分の写真添付もお願いたします。

現地調査の調整

専門スタッフの対応後、弊社が提携する保険申請のプロフェッショナルよりご連絡差し上げます。損傷の具合など細かい内容をヒアリングさせて頂き、現地調査の日程を調整さえて頂きます。

保険申請&工事の実施

現地調査後、保険会社へ提出する資料の作成をさせて頂きます。無事保険金が支払われたら工事の準備に取り掛かります。万が一、保険が適用さなかった場合は無理に工事を進めることはありませのでご安心下さい。

 

 

Q:本当に無料で工事ができるのですか?

工事は保険金の範囲内で行いますので、自己負担で費用を頂くことはございません。損傷の規模や保険会社によって異なりますが、戸建て木造住宅の床フローリングの場合、平均的に10〜20万円程度の保険金が降りるケースが多いです。この金額内で工事を行いますのでご安心下さい。

Q:保険が適用されなかった場合はどうなりますか?

保険が適用されなかった場合は工事をして頂く必要は一切ございません。現地調査費や申請用の資料作成費を後から請求することもありませんのでご安心下さい。もちろん、自己負担してでも工事をしないといけない程、損傷具合が激しい場合は対応させて頂くことは可能です。

Q:対象となる工事はどのような部分ですか?

床、壁、扉、洗面台、キッチン、カウンター、浴槽など住宅内部の損傷です。また自然災害による損傷であれば、屋根、雨樋、カーポート、倉庫、雨漏り、水漏れ、フェンス、塀、なども対象となります。不測且つ突発的な事故、台風や大雪などの自然災害以外の理由で発生した損傷は補償の対象外となりますのでご注意下さい。

Q:住宅以外でもこのサービスを利用できますか?

住宅以外でも、木造アパート、鉄骨アパート、鉄骨造の工場,倉庫などで適用可能です。鉄筋コンクリート造の場合(マンションや商業施設)は雨樋など、適用される部分は一部に限定されます。

その他、建物の損傷修復に関わるあらゆるお悩みにお答えします!

原状回復費は利回りを圧迫してしまう。。何か良い方法は無いものか。。 突発的な事故で工場の床が傷ついてしまった。早急に直さなければ。。 ベッドを移動させたら、扉にあたって大きな穴が。。。 引越の際にフローリングがへこんでしまったわ。どうしよう。
不動産投資家30代男性 工場長50代男性 70代男性 主婦50代女性

 

調査&工事は完全無料でさせて頂きます。
仮に保険が適用されなかった場合でも無理に工事を薦めることは一切致しません。
誠意を持って対応させて頂きますのでお気軽にお申込み下さい。

お手数ですが下記項目をご記入ください

お名前
必須
メールアドレス
必須
電話番号
必須
現在お住まいのご住所
必須
調査する物件の住所
必須
建物の種類
必須
損傷箇所
必須
玄関ドア 洗面台 浴槽
キッチンカウンター キッチンパネル
サッシ その他
※複数選択可
損傷箇所詳細
必須
住宅の築年数
必須
加入中の保険
必須
調査希望日
必須
保険金が下りた場合工事をさせて頂くことに御了承頂けますか?(もちろん、下りなかった場合は工事する必要はございません)
必須
その他ご質問
傷1
必須

【近景】傷から20cmくらいの距離(大きさがわかるように近くにコインかメジャーを置いてください)

【中景】傷から1〜2mくらいの距離

【遠景】傷から3〜4mくらいの距離
傷2
他に傷がある場合は添付ください。

【近景】傷から20cmくらいの距離(大きさがわかるように近くにコインかメジャーを置いてください)

【中景】傷から1〜2mくらいの距離

【遠景】傷から3〜4mくらいの距離
傷3
他に傷がある場合は添付ください。

【近景】傷から20cmくらいの距離(大きさがわかるように近くにコインかメジャーを置いてください)

【中景】傷から1〜2mくらいの距離

【遠景】傷から3〜4mくらいの距離
【近景】
【中景】
【遠景】
利用規約同意の上

 

 

サイト名:住宅損傷修復ラボ

TEL:0120-362-231   メールでのお問い合わせ 

運営:株式会社アーキバンク 

〒150-0002 東京都渋谷区 渋谷1-12-2

特定商取引法の表記 | プライバシーポリシー