フローリングにこぼしたマニキュアの落とし方!症状別の対処法を解説

フローリングにこぼしたマニキュアの落とし方!症状別の対処法を解説

マニキュアをフローリングにこぼしたら、急いで落とさないと大きな被害につながる。

マニキュアは化学薬品の溶剤を含んでいるため短時間でフローリングを痛めてしまい、取り返しのつかないシミを作ってしまうからだ。

そこで今回は建築のプロである一級建築士が、自分でできるフローリングにこぼしたマニキュアの落とし方をお伝えする。

こぼしてすぐに取るべき対処や時間が経ってしまった後の取り方、さらに一般の方には取るのが難く専門業者に連絡を取るべきケースもご紹介している。

フローリングを痛めて跡が残らないよう急いで対処をするため役立てて欲しい。

住宅損傷の火災保険活用 ー 無料調査はこちら」

こぼしたマニキュアはすぐに取ろう

こぼしたマニキュアはすぐに取ろう

マニキュアには強い溶剤が含まれているため、フローリングをあっという間に変色させ、簡単には取れないシミを作ってしまう。

時間が経つとそのシミはフローリングの深くまで達し、取り除くには専門業者に高い費用を払うしかなくなってしまう。

もし何日も経ってしまえばプロでも表面を補修するだけでは消すことができなくなり、最悪の場合はフローリングの張り替えにまで発展する恐れがある。

当然費用は莫大なものになり家計に大きなダメージを受けることになるだろう。

マニキュアをフローリングにこぼした時は決して後回しにせず、大至急落とすことをお勧めする。

こぼしてすぐの対処法

こぼしてすぐの対処法

マニキュアをこぼしてすぐなら除光液を布に染み込ませ、摘むように取るようにしてみよう。

気を付けて欲しいのは決して拭くようにこすらないことだ。

フローリングに塗ってある保護膜のワックスを剥がしてしまうし、もしワックスが擦れてなくなっている状態なら、フローリングの木目に入り込みさらに取るのが難しくなってしまう。

もし丁寧に摘み取っても跡が残っているようなら、以下でご紹介する方法を試してみて欲しい。

白い跡はワックスを塗る

https://amzn.to/2NWIX3Y

https://amzn.to/2NWIX3Y

マニキュアを取ってもフローリングに白い跡が残っていても、ワックスが変色しているだけなら再度ワックスを塗れば消すことができる。

まず通常のワックスはがしで、フローリングの長方形の板1枚のワックスをはがす。

https://amzn.to/2uuOPsf

https://amzn.to/2uuOPsf

この時点で白い跡が無くなっていればフローリングには影響が出てないので、そのままワックスを塗り直そう。

板1枚だけに塗ると目立ってしまうので部屋全体に塗る方がお勧めだ。

住宅損傷の火災保険活用 ー 無料調査はこちら」

落ちない場合のウレタン塗装

落ちない場合のウレタン塗装

もしワックスをはがしても白い跡が残っているようなら、残念ながらフローリング自体に変色が起きているため、表面を削りウレタン塗料などを塗らないと消えてくれない。

削って塗装をするのには道具や適切な塗料を用意しなければならず、ある程度の知識と経験が必要になる。

参考までにその方法を解説した記事をご紹介しておくが、塗装に慣れた方でもレベルの高い補修になるので、自信のない方は専門業者に任せた方が無難だろう。

「フローリングの劣化を自分で直す!研磨と塗装のDIY完全マニュアル」

https://shufukulabo.com/flooring-deterioration

無垢材は保護膜次第

無垢材は保護膜次第

フローリングにマニキュアをこぼして一番厄介なのが無垢材の場合だ。

表面に塗料やオイルが塗ってあれば良いのだが、メンテナンスを怠っていて塗膜が無い状態だと、柔らかい樹種ではあっという間に深くまでマニキュアが染み込んでしまうからだ。

シミが浅ければそこだけ削って再塗装をすれば何とかなるが、染み込みが深いと普通の専門業者ではシミだけ消すことは難しく、フローリング全面に塗装をかけることになり当然高い出費になる。

無垢材のフローリングにマニキュアをこぼしてしまった場合は、大至急冒頭でご紹介した摘み取りを行い、もしシミが残るようならこの後ご紹介する補修屋のように、ピンポイントで安価に消してくれるプロに相談するようにしよう。

こぼして時間が経った時はヘラで削る

https://amzn.to/2uv6q3g

https://amzn.to/2uv6q3g

フローリングにこぼして時間が経ってしまいマニキュアが固まっているなら、まずはプラスチックの定規で削り取ることを試して欲しい。

上手く取れない場合は上の画像のような先端がなるべく薄いヘラを、ホームセンターやネットショップで購入して削ってみよう。

うまく削れたら跡を確認し白いシミなどがあれば2-1:に戻ってワックス塗りを試す。

このケースで注意して欲しいのは、絶対にマニキュアの除光液で拭き取ろうとしてはいけないことだ。

固まったマニキュアを取ろうと強くこすってしまうとフローリングのワックスを剥がしてしまい、さらに下の木目にマニキュアを塗り込むことになってしまうからだ。

木目に入ってしまうと取るのは専門業者でないと難しくなり、余計に費用がかかることになるので気を付けて欲しい。

賃貸は自分で落とすのは危険

賃貸は自分で落とすのは危険

もし賃貸のアパートやマンションでマニキュアをこぼしてしまい、摘み取ったりワックスを塗ったりしてもシミが残っているなら、必ず専門業者へ相談をして頂きたい。

退去時の原状回復費を安くしようと自分で削りや塗装をしようとする方もいるが、かなり慣れていないと非常に難しい作業であり、失敗すれば床の張り替えなど莫大な費用がかかる恐れがあるからだ。

もし割高な原状回復費用を避けたいのであれば、自分で専門業者に補修を依頼する方法もある。

物件によっては借り主側での補修手配を禁じている場合もあるので、リスクをきちんと理解した上でだが、確実にシミを消せるような専門業者に任せる方が、結局は出費を抑えられるはずだ。

住宅損傷の火災保険活用 ー 無料調査はこちら」

完全に消すなら補修屋がお勧め

Before

Before

After

After

もしフローリングにできたシミを完全に消し去りたいのであれば、補修屋という専門業者がお勧めだ。

補修屋とはあらゆる傷やシミなどの専門知識を持ち、様々な補修法方を習得しているリペアのプロフェッショナルだ。

その守備範囲は非常に広く、床だけでなく壁やドアなど住まいの様々な場所にできた傷や凹み、汚れなども確実に補修してくれる。

しかも損傷した部分に絞って作業するため非常に手頃な価格になっており、もし今回のシミ以外にも普段から気になっている傷などがあれば、まとめて直してもらうことも可能だ。

ここに補修屋の高い技術がわかる動画をご紹介するのでぜひ一度ご覧頂き、依頼を検討してみて欲しい。

補修屋の費用相場

気になる補修屋の技術費用相場は以下の通りとなっている。

シミや傷の大きさ、深さによって価格は変わるため、正確に知りたい方はメールで写真を送ると無料で見積もりをしてくれる補修屋もあるので、一度相談してみると良いだろう。

補修内容技術相場金額
フローリング色あせ10,000円〜30,000円/㎡
フローリングの傷、凹み25,000円〜
フローリング剥がれ40,000円~
フローリングのシミ30,000円~
ペットのおしっこのシミ70,000円〜
ペットによる傷45,000円〜

※材料の新規取り寄せ費、出張費などがかかる場合は別途

腕の立つ補修屋の見分け方

腕の立つ補修屋の見分け方

補修屋に依頼するときに気を付けて欲しいのが、どの補修屋でも必ずシミや傷を完全に消してくれる訳ではないという点だ。

シミなどを跡がわからないように直すには、豊富な知識と数多くの損傷を直してきた経験が必要になる。

しかし補修屋の中には他の建築の職人がアルバイトで行っている者もおり、当然本職の補修屋とは腕に大きな差がある。

頼んではみたもののシミの跡がはっきりわかる補修をされてしまい、さらに代金を払ったら音信不通になってしまったというトラブルさえある。

こういった被害に遭わないためには、例えば自社サイトを持ち過去の補修の実績を画像付きで紹介しているような補修屋を選ぶと良いだろう。

これなら自分の目で見て仕上がりを確かめられ、しかも多数の実績を公開しているなら腕に自信があるということもわかる。

くれぐれも文字だけの「豊富な実績」に騙されないように注意をして欲しい。

火災保険で家の傷汚れをお得に消そう

火災保険で家の傷汚れをお得に消そう

住まいにできたシミや傷の補修費用を安くしたいのであれば、加入している火災保険を確かめてみて欲しい。

今の火災保険は火事だけでなく、台風などの自然災害や盗難での被害など、住まいのあらゆる損傷を補償する総合保険になっている。

今回のフローリングのシミや今までにできた傷なども、条件を満たせば保険で直す費用が補償されるのだ。

ここではどういった損傷が対象になるのか、そして保険を使って補修を頼む業者選びの注意点についてお伝えする。

火災保険が使える条件

住まいにできたシミや傷の原因が、例えばうっかり物を落としてできたものであれば「不測かつ突発的な事故による汚損・破損」として補償される可能性がある。

また台風で屋根が壊れて発生した雨漏りで壁や床にシミができたなら「風災」の被害として補償対象となるかもしれない。

これらは主な補償対象だが、シミや傷ができた日時や原因がはっきりしている必要があり、またその箇所の機能に支障が出ていると補償されやすいなど、保険によって細かな条件が加わってくる。

もし思い当たるようであれば保険加入時の書類や証券などで確認し、それでもわからないようなら直接保険会社に問い合わせをして、適用の条件を確かめてみよう。

保険の扱いに慣れたプロへ任せる

保険を使って補修をする場合、シミや傷の原因と現在の状態を保険会社に書類で伝えるのだが、これを保険の利用経験が少ない専門業者に頼んでしまうと失敗する恐れがあるため注意が必要だ。

シミや傷の原因を保険の条件と照らし合わせながら適切に保険会社に伝えるには、補修とは違った知識が必要であり、多くの申請を経験していないと難しい作業になるからだ。

せっかく保険で補償してもらえるケースなのに申請のミスで使えないようでは、今まで払ってきた保険料が全くの無駄になってしまう。

保険を使って補修をする場合は直す腕だけでなく、必ず申請の実績も確かめ扱いに慣れたプロへ任せるようにしよう。

まとめ

まとめ

フローリングにマニキュアをこぼしたら、大至急取り除かないと大きなダメージにつながってしまう。

まずはご紹介した対処法をすぐに行い、フローリングに跡を残さないよう素早く対応をしよう。

それでも跡が残ってしまった場合は一般の方では消すのは残念ながら難しい。

特に賃貸のように補修に失敗すると莫大な費用がかかるケースもあるため、すぐに専門業者に相談することをお勧めする。

ご紹介した腕の立つ補修屋であれば跡形もなくシミを消し去ってくれるため、出費を最小限に抑えられるはずだ。

マニキュアのシミは時間と共に変色が進みしかも取りにくくなる危険性が高い。

ぜひ一刻を争う事態であることをご理解頂き、最速で確実な対処を行うようにして欲しい。

住宅損傷の火災保険活用 ー 無料調査はこちら」

【記事監修】 山田博保

株式会社アーキバンク代表取締役/一級建築士

建築業界での経験を活かしたWEBメディアを運営。内装工事マッチングサイト「アーキクラウド」創業者。WEBコンサル事業、コンテンツ販売事業にも携わる。Facebookお友達申請大歓迎です。その他WEB集客、自社メディア構築、ビジネスモデル構築に関するコンテンツは公式サイトより。

無料調査依頼フォーム/修復ラボ
お名前
メールアドレス
電話番号
現在のご住所
調査物件住所
建物の種類
損傷箇所
損傷箇所詳細
内装の損傷の場合は写真のみでお見積りが可能なため、必ず損傷部分のお写真をご添付ください。
傷写真1
【近景】傷から20cmくらいの距離(大きさがわかるように近くにコインかメジャーを置いてください)
【中景】傷から1〜2mくらいの距離
【遠景】傷から3〜4mくらいの距離
傷写真2
【近景】傷から20cmくらいの距離(大きさがわかるように近くにコインかメジャーを置いてください)
【中景】傷から1〜2mくらいの距離
【遠景】傷から3〜4mくらいの距離
傷写真3
【近景】傷から20cmくらいの距離(大きさがわかるように近くにコインかメジャーを置いてください)
【中景】傷から1〜2mくらいの距離
【遠景】傷から3〜4mくらいの距離
【近景】
【中景】
【遠景】
住宅の築年数
加入中の保険
調査希望日
保険金が下りた場合工事をさせて頂くことに御了承頂けますか?(もちろん、下りなかった場合は工事する必要はございません)
その他ご質問
利用規約同意の上
フローリングにこぼしたマニキュアの落とし方!症状別の対処法を解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です