樋詰まりの危険性とは?落ち葉が詰まった時の対処法と防止対策を公開

樋詰まりの危険性とは?落ち葉が詰まった時の対処法と防止対策を公開

(とい)に入り込んだ落ち葉は詰まり原因となり、放置しておくと台風などの大雨で室内が浸水する被害が生じることもある。

あまり知られていないその危険性をお伝えするとともに、樋が詰まった場合の対処法、そして樋のつまりを未然に防ぐ方法を解説する。

自分で出来ることとプロに任せるべきことの判断ができるような情報もお伝えする。

住宅損傷の火災保険活用 ー 無料調査はこちら」

 

樋(とい)の詰まりをなぜ放置してはいけないのか?

樋(とゆ)の詰まりをなぜ放置してはいけないのか?

雨が降った時に、屋根から流れ落ちる雨水を受け止め、地面まで排水するのが樋の機能だ。樋(とい)は、「とゆ」、「とよ」と呼ばれることもある。樋に流れた雨水は、樋の集水器に集められ、竪樋を通じて雨水桝に落ち、雨水配管によって、敷地の外に排水される。

もしくは、浸透桝によって、敷地の中に浸透させることで処理される。この働きによって敷地の雨水が適切に排水されて、土壌の流出や建物へのカビの発生などを抑える。

また、樋がなければ屋根に降り落ちた雨水は軒先から直接垂れることになる。その垂れる雨水が風に吹き上げられると、軒先や軒裏の通気口などから入り込む。

雨水が直接垂れることで、外壁に雨水がかかることが多くなり、地面からの跳ね返りが外壁位にかかることも発生する。外壁の目地や屋根と壁の取り合い部分など、異なる部材と部材の隙間にかかることで建物内部に雨水が侵入する可能性が高まる。樋は建物の水に弱い部分に雨水がかかることを防ぐことで建物を守っている。

このように屋根と一体で雨漏りのトラブルを未然に防ぐのも樋の働きなのだ。

 

台風時に樋がオーバーフロー

樋(とい)には落ち葉や枯葉、ゴミなどが堆積してしまうと、徐々に雨水が流れにくくなる。その状態を放置すると、樋が詰まってしまうこともあり、注意が必要だ。

樋に落ち葉が溜まっていても、多少の雨なら問題なく流れることも多く、放置されることも多い。しかし、台風時などの大雨では、大量の雨水が一気に流れ込む。すると処理ができずに、樋から雨水がオーバーフローし、軒樋から雨水が流れ落ちてしまうこともある。

樋のサイズは、屋根の広さや勾配、地域の特性などを考慮し決定するので、詰まっていなければよほどのことがない限り雨水があふれ出すことはない。オーバーフローした雨水は建物にかかることになる。また、樋に落ち葉が詰まり、そこに雨水が溜まったままになると、その重みで樋自体が破損する恐れもある。

 

樋(とい)のつまりによる建物ダメージと二次被害

建物の外部で、先端にある樋が詰まっても、大きな問題にならないと思われるかもしれないが、そうではない。

特に築年数が経つと、建物外部のモルタルに入ったひび割れ、クラックやサイディング壁のシーリング(コーキング)の劣化などのトラブルが発生していることが多い。樋から溢れ出た雨水はこういった部分から、壁の中に入り込む危険性がある。

樋が詰まって樋自体が破損や変形をすると、樋を屋根の軒先や外壁に取り付けている金物部分に隙間ができたり、はずれて穴が開いた状態になったりしてしまう。そういった部分からも雨水が入り込みやすくなる。

近年の外壁は通気工法がとられ壁内部に透湿機能のある防水シートが貼られていることが多いが、劣化した目地の隙間や窓サッシ周り、換気口付近から雨水が浸透して雨漏りになった事例が多数存在する。

水はわずかな隙間でも伝わってしまう。屋根と壁の取り合いや換気口の付近などの形状が複雑な場所は、雨への侵入に対して弱い部分でもある。樋のつまりを放置していると、雨水浸入によりそれらの場所から建物がダメージを受けることになる。

樋の詰まりが原因となる雨漏りを放置すれば、建物の劣化はスピードを増す。通常30年以上もつ住まいが、最悪の場合たった1年でボロボロになることもある。

また、二次被害の発生も考えられる。一番恐ろしいのは健康被害だ。

雨漏りよって壁内部の湿度が高い状態になり、カビが大量発生する。放置すれば体調不良や喘息などを引き起こす可能性が大きい。壁の中は見えない部分なので、カビの発生に気づけない場合も多い。健康被害の原因がすぐに特定できないことに恐ろしさがある。

なんとなく体調不良を感じていても、敷いている布団やカーペットのダニが原因だとか、ホルムアルデヒドによるシックハウス症候群など、体調不良を引き起こす原因がその他にも考えられるからだ。体調不良の原因を探していく過程で、雨漏りが発見されることもある。

雨樋の詰まりは解消すべきトラブルなのだ。

 

樋がつまる原因/落ち葉・枯葉・土や砂埃・ゴミ・異物

樋(とゆ)がつまる原因とは?

・落ち葉や枯葉

樋は屋根の軒先から流れ落ちる雨水を受けるために上部半分が開いている。そのため、軒樋よりも高い樹木が近くにあると落ち葉や枯葉が入り込みやすい。

樋の場所によって吹き溜まりのようになり、大きな葉がたまると、細かいほこりなどのゴミもたまりやすくなり、樋に張り付いてしまう。特に落葉樹は、季節によって大量に葉が落ちるので、一気にたまってしまう。

風に乗って飛ばされてくる葉もあるから、自宅の庭木以外も原因になる。イチョウやモミジなどの街路樹が近くにあると、秋には落ち葉が大量に飛んでくる。また、隣地に立つ木の落ち葉が樋に入り込んでくる場合もある。

どちらも勝手に木を撤去ができないので解消への対処が難しい。

・土や砂埃

自宅の庭の土や砂も風に運ばれて樋のつまりの一因になる。近隣に土の駐車場やグラウンド、畑などがあると、そこからも風の強い日には砂埃が舞い上がる。最近では黄砂の影響もある。

車のボンネットにうっすらと砂埃が積もっているのを見ることもある方も多いだろう。同様に軒樋にも積もるわけだ。砂埃は風に舞う程度の微細なものだが、一箇所に吹き溜まり雨がかかるなどして固着すると樋の詰まりの原因となる。

・ゴミや異物

風で飛んできたビニールが樋に引っかかるなど、ゴミや異物が樋に入り込み詰まる場合もある。子供が近所で遊んでいて、ボールやバトミントンの羽根が入り込んでしまう可能性もある。

子供がボールを投げ入れてしまった場合、高い場所なのでそのまま放置されることもあるかもしれない。樋にボールが入ってしまうと、縦樋に転がり落ち途中で詰まってしまう恐れもある。

 

長期間の放置が詰まりを招く

上記のような原因で樋に何か入り込んでも、雨水の流れとともに流れていく場合も多い。ただ、枯葉は軽いため雨で流れにくく、また、季節ごとに大量に落ちてくるため堆積しやすい。

また、枯葉が長期間堆積すると分解され腐養土になる。堆積した土から雑草が生え出してくる場合もある。

土が堆積しても、落ち葉や枯葉などがそこに引っかかりさら溜まりやすくなる。そうすると樋全体に枯葉が溜まることになりかねない。ゴミや異物も同様に一度詰まってしまうとダムのようにゴミを堰き止めることになるため、長期間放置すると、より堆積しやすくなる。そうすると雨水の流れが極端に悪くなり、最悪の場合完全に詰まってしまう。

できる限り放置せずに詰まりを取り除くべきなのだ。

住宅損傷の火災保険活用 ー 無料調査はこちら」

 

といがつまりやすい場所

といがつまりやすい場所

軒樋と竪樋

軒樋は、軒先に水平に設置され、屋根からの雨を受け止める役目をしている。雨を受け止めるため、上部が開いており、落ち葉がなど一番溜まりやすい場所だ。また、下から雨樋の中の状態が見えないので放置されることも多い。軒樋には水を流すための水勾配がついているが、ごくゆるいものであるから、軒樋に入った枯葉やゴミは、自然に流れたり落ちたりすることはない。

竪樋は、軒樋からの雨水を受け止め、地面まで流す役割としている。汚れた雨水が流れ込むたびに側面に付着しそれが固着することで、徐々に内部が狭くなりものが詰まりやすくなる。また、一度詰まりが発生してもどこで詰まっているか発見しにくいため完全に詰まるまでわからない場合も多い。

 

集水器と曲がり(エルボー)部分

集水器は、軒樋に流れる雨水を集め竪樋に流す部分の名称で、アンコウとも呼ばれる。この部分も軒樋同様に上部が開いており落ち葉が入りやすい。

また、内部に軒樋が一部入り込んでいるため、引っかかりやすく、深さもあるのでゴミも溜まりやすい。軒樋に溜まったゴミや土などが、大雨などで一気に流れ込み詰まることもある。

曲がり(エルボー)部分は、建物の屋根や外壁に沿わせるために樋を曲げて角度をつけた部分のことだ。緩い屋根の勾配や軒天に沿わせて取り付ける場合、傾斜が緩くゴミが一気に流れてきた場合に、そこで詰まる可能性がある。この部分も詰まっていても外からは見えないため、雨水が溢れ出すのを発見して初めて、詰まっていることが判明することになる。

 

自分でできる樋の掃除とつまりの解消

自分でできる樋の掃除とつまりの解消

樋(とい)の掃除方法 ―作業を安全に

軒樋は上部が開いているため、掃除はゴミをそこから取り除く作業になる。ただ、二階の軒先だと高さが5m以上になるため、大きな脚立や二連ハシゴが必要だ。

まず気をつけたいことは、安全に作業を進めるということだ。

ハシゴや脚立をかけて作業するときは安全第一で行うこと。ハシゴをかける場合は、絶対軒樋に掛けず、屋根などの強度がある場所にかけるようにする。軒樋にかけると破損するだけでなく、ハシゴが倒れることになり大変危険だ。

ハシゴを屋根にかけたとしても、固定はできないので左右に倒れる危険性がある。ハシゴが倒れだすと、人が下で押さえている程度では止めることはできない。足元の滑り止めをしっかり固定させる、ハシゴの転倒防止の金物を使うなど安全には十分な準備をして欲しい。

二連ハシゴを安全に上る方法としては、大きな脚立とハシゴを紐などで結びつけ、左右に倒れないようにするなどがある。また、後付のハシゴ支持金具、足元安定金具といった安全器具もあるので、活用するといいだろう。

2連ハシゴ 2SWA-40B 11,124円
https://amzn.to/2QBLIYA

軒樋に手が届けば、あとは軍手をはめてゴミを取り除いていく。軒樋は屋根の外周に取り付けてあるので、手の届く範囲を掃除したら、屋根にかけたハシゴを少しずらし移動しながら作業を行う。ハシゴのかけ直し作業を極力減らすためにも、できるだけ一度で広い範囲を作業できるように、トングなどを使って掃除するのも良い。

また、土が固着して堆積している場合には、スコップなどが必要な場合もある。取り除いた落ち葉やゴミはそのまま下に落とすか、ゴミ袋などを用意して入れるかどちらかする。袋に入れる場合は、高所での作業なので手で持たなくても良い肩に掛けられるものを準備するようにしたい。

集水器の掃除は軒樋と同様に行う。

道具はホームセンターやインターネットで購入が可能だが、高所作業は危険を伴う。基本的には1階の屋根の軒樋など、脚立に上る程度で届く範囲にしておく方がいいだろう。

ゴミを取り除いた後は、可能であればホースなどで水を流し、掃除ができたことを確認しておくと良い。

 

DIYで行う樋の詰まりの解消/使える道具は?

水を流しても下までスムーズに流れない場合は、竪樋に何かが詰まっている可能性が高い。

竪樋や曲がり部分は、軒樋や集水器のように上から状態が確認できない。

まずは、竪樋を軽く叩いてみるといいだろう。集水器の下が詰まりやすいところなので、そこを中心に軽く叩く。(もちろん壊れない程度に)軽度のつまりなら、叩かれた振動で、詰まっているものが落ちて解消される。

竪樋には、外壁に固定している金具の近くに継ぎ目があり、差し込まれているだけなので、そこからとり外すことができる。金具を外し、継ぎ目を上にずらす。あまりずらしすぎると竪樋が破損するので、必要最低限をずらすようにしたい。塩ビ性の樋は年数が経つと特に破損しやすいので、無理に外そうとしないこと。

https://amzn.to/3b3657I

https://amzn.to/3b3657I

上のような対応ができない場合は、樋を通るサイズの球状にした布や丸いブラシを使う。太い針金や金属製のワイヤーと外れないように結んで竪樋を通し、中に詰まったものを取り除く。

また、パイプ掃除専用の器具を使ってもいいだろう。竪樋だけでなく、排水パイプにも使えるものだ。ワイヤーを回転させながら通して行くので力を入れずに使用できる。

集水器から入れたワイヤーを下から引っ張ることで、竪樋の手の届かない部分の掃除をする。この作業を何度か繰り返せば落ち葉やゴミがかき出せる。

この作業をしても、何かが引っかかって動かないまたは、改善しない場合は、固形物が詰まっている可能性がある。その場合は、高圧洗浄機で内部を洗い流す。

それでも改善ができない時は、問題の箇所を特定しカットして取り除くしかない。その場合は、継ぎ手部材や取り替え用部材を準備する必要がある。

 

樋のつまりを業者に依頼する場合のポイント

樋のつまりを業者に依頼する場合のポイント

樋のつまりは、業者に頼んで解消することもできる。2階以上の場所の樋など、高所での作業が必要な時などは、ぜひ検討して欲しい。

 

樋掃除のプロに依頼 ―誰に頼めば良い?

樋掃除を専門業者に依頼する場合と自分でやる場合の大きな違いは、道具の量と手際の良さだ。プロは清掃を短時間で完了させるための、道具を備えており、手順が明確化している。状況に合わせた対応をしてくれるはずだ。

また、高所作業などの危険な箇所の作業を行ってもくれるし、出たゴミの処分も任せられる。費用がかかるが、落ち葉や枯葉が大量に堆積している場合はプロに任せる方が良い。

樋の修理なら屋根工事を行う業者になるが、清掃を専門に行う業者もおり、そちらに依頼することもできる。清掃専門業者の方が、時間単位での単価や作業内容による金額が明確なことも多い。

ただ、将来的に樋の交換をする場合、過去に樋工事を依頼した業者がわかれば、その業者に問い合わせするのが良いだろう。

 

プロが行う作業修理内容・費用相場は?

樋の清掃、つまり修理作業は基本的に高所作業となるが、ハシゴや脚立を掛けられない場所も多い。樋の清掃だけで、足場を設置して作業を行うことは少ないため、ハシゴをかけられない場所などは、屋根の上から作業を行う。

また、高圧洗浄機などを利用し、樋内部を洗浄、汚れを落とす作業を実施している業者もある。通常は二人以上で安全を確認しながら作業を行う。

樋の清掃や詰まり対策の費用は、現地調査で汚れや詰まりの状態を把握した上で、作業にかかる日数で計算させることが多い。軒樋の清掃と縦樋の高圧洗浄を行う作業では、一般的に、1日あたり、20,000円〜40,000円程度が相場。

一戸建ての場合は、大抵1日で終わるが、アパートなどの共同住宅の場合は、建物の大きさにもよるが数日かかることもある。その場合は、その分費用は高くなる。

樋の交換などが必要な場合は別途費用が必要となる。

 

予防方法 ―樋のつまりを未然に防ぐ

落ち葉よけネット
https://amzn.to/2QcxX3p

樋のつまりはあらかじめ対処することで、未然に防ぐことができる。ここでは予防方法について紹介しよう。

 

落ち葉よけネット・カバー付き樋の活用

落ち葉よけネットは、軒樋に被せて落ち葉や枯葉が入り込むのを防ぐ網状のカバーだ。アルミ製のものや樹脂製のものがある。半丸タイプの軒樋なら汎用的な商品が簡単に設置できる。

それ以外の形状の樋の場合、メーカーごとに多少形状が異なっているので、そのメーカーのオプション商品を探した方が確実だ。後付けできるものもあるので、必要な部分に設置することができる。対荷重性能を持つカバーなら、屋根に積もった雪で軒樋が破損しないための雪よけのカバーとしても機能する。今ついている軒樋に対応したカバーがない場合は、樋ごと取り換えることを検討してもいいだろう。

定期的な清掃が煩わしかったり、ハシゴでは作業できなかったりのする場合に、落ち葉よけネットやカバー付きの樋は有効だ。

落ち葉などが軒樋に入り込むのを防ぐので、樋はつまりにくくなるが、落ちてくる枯葉の量が多いと、ネット自体に落ち葉や枯葉が溜まってしまう。その場合はネットの上の落ち葉を撤去する作業が必要となる。

パナソニック マルチカバー
https://sumai.panasonic.jp/amatoi/kanren/lineup/maruchi.html

 

樋の定期的なお手入れ

住まいの環境によって、定期的なメンテナンスの頻度は異なる。目安としては、一年のうちで、落葉の時期は決まっているのでそのタイミングで点検するのが望ましい。

二連ハシゴや脚立に上って直接目で見て点検するのが理想的だが、雨が降った時、特に台風や豪雨の時などは、樋から雨水が溢れていないかを、目視することも不具合を発見することにつながる。

しっかりとした点検は少なくとも数年に1度は行い、問題がありそうならお手入れを行う。定期的な清掃を行っていれば、大きなトラブルを未然に防ぐことができる。

 

樋のつまりで発生した損害を実質無料で補修する方法

樋のつまりで発生した損害を実質無料で補修する方法

実際には、定期的な清掃を心がけていても樋のつまりに気づけない場合もある。気づかないうちに、台風などで樋のつまりにより雨漏り損害が発生してしまった。そんな時のために、保険を適用することで「修繕工事費用が実質ゼロ円になる場合がある」と知っておこう。

突発的な暴風雨や台風、積雪などによる自然災害による被害は、問題なく火災保険が適用されるため被害のほとんどが補償される。

下記の事例では、台風による風災により屋根、雨樋、カーポートに損害が発生。その結果室内に雨漏りも発生。それらの被害に対し保険が適用され、結果的に75.8万円もの工事費用を保険金でカバーすることができた。

「台風、竜巻、雪害などで実際に下りた保険金額を公開!」

http://shufukulabo.com/sizensaigai

樋のつまりが、自然災害が原因で住宅に損害が発生した場合には、火災保険が適用できるか、加入している保険の内容を必ず確認するようにしたい。

住宅損傷の火災保険活用 ー 無料調査はこちら」

【記事監修】 山田博保

株式会社アーキバンク代表取締役/一級建築士

建築業界での経験を活かしたWEBメディアを運営。内装工事マッチングサイト「アーキクラウド」創業者。WEBコンサル事業、コンテンツ販売事業にも携わる。Facebookお友達申請大歓迎です。その他WEB集客、自社メディア構築、ビジネスモデル構築に関するコンテンツは公式サイトより。

無料調査依頼フォーム/修復ラボ
お名前必須
メールアドレス必須
電話番号必須
現在のご住所必須
調査物件住所必須
建物の種類必須
損傷箇所必須
損傷箇所詳細任意
加入中の保険必須
保険金が下りた場合工事をさせて頂くことに御了承頂けますか?(もちろん、下りなかった場合は工事する必要はございません)必須
その他ご質問任意
利用規約同意の上
樋詰まりの危険性とは?落ち葉が詰まった時の対処法と防止対策を公開

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です