モルタル外壁から雨漏り?その危険性と補修方法を徹底解説!

モルタル外壁から雨漏り?その危険性と補修方法を徹底解説!

遮熱性や耐久性に優れたモルタル外壁は、独特の風合いから多くのファンを持つ外壁材だ。

しかしひび割れしやすい性質や構造的な問題から、外壁側からの雨漏りが発生しやすい一面を持つ。

室内の壁面に現れた雨漏りは内装だけでなくその周辺の家財などにも被害を及ぼし、さらには長期化しやすいという実は天井の雨漏りよりも非常に厄介な住宅トラブルだ。

 ただし今回建築のプロである一級建築士がご紹介する外壁材としての特徴や補修方法は、モルタル外壁からの雨漏り防止にきっと役立ててもらえるだろう。

また最後には万一被害に遭ってしまった際に、火災保険を利用して修理費用の自己負担を減らすテクニックも解説しているので、ぜひ活用してもらいたい。

住宅損傷の火災保険活用 ー 無料調査はこちら」

 

外壁からの雨漏り7つの被害

外壁からの雨漏り7つの被害

雨漏りというと一般的には天井から落ちてくるイメージが強いと思うが、外壁の損傷から部屋の内壁に発生するケースもあり、実は被害範囲が広いという特徴を持つ

室内に広がれば家具や家電が被害に見舞われるし、隙間の無い壁内で水が溜まるので構造体の被害も深刻である。

その恐ろしい壁雨漏りの被害はどのようなものか、改めて見ておこう。

 

クロスの染み剥がれ

クロスの染み剥がれ

まず室内では壁クロスの被害が最初に目につくだろう。

雨水が染みるとふやけ、乾くにつれてさらに変形や変色を起こす。

しかも壁の中に残った湿気が修理を終えてから数週間、あるいは数ヶ月後に現れることさえある。

またクロスの修理は被害を受けた部分だけを張り替える訳にはいかず、ある程度の大きな面で張り替えるので予想以上に高額になることもある。

 

下地ボードの崩れ

クロスの下地になっている石膏ボードは水濡れに非常に弱く、変形したり最悪の場合崩れることさえある。

この状態だとクロスを貼れないばかりか、本来の役目である防火性能も損なわれてしまうだろう。

またクロスと同様に一部だけ張り替えることが難しいので、比較的大きな面での工事になる。

さらにクロス業者、大工と2業者の工事になるので高額になる上に工事日数もかかるであろう。

 

京壁の染み

出典:https://www.flickr.com/photos/daniel_solis/5074584811

京壁に雨漏りの染みがついた場合はその壁面を塗り直すしかないのだが、どんなに熟練の職人が施工しても元の京壁とは色が違ってしまう。

依頼主の希望で最初は染みの出来た壁面だけ塗り替えてみたものの、結局は色の違いが気になってしまい全面塗り替えとなることが実に多い。

当然だが一部屋全面塗り替えとなるとだいぶ高い出費となってしまうだろう。

また京壁の場合も下地ボードが変形があればその交換も必要になるので、さらに修理費用はプラスになってしまうだろう。

 

和室白木造作材の染み

和室白木造作材の染み

和室の檜柱や白木の造作材、敷居や鴨居、回り縁などが染みになってしまうとかなり深刻だ。

無垢材で出来ているならカンナである程度削れるが、染みが深いと完全には取りきれない。

またデザイン性でモルタル外壁を取り入れているようなここ15年以内の住宅は、その造作材が集成材である場合が多く削りすらかけられないので修復は困難だ。

取り外して交換などは想像以上の大工事になり金額も現実的ではないし、塗装や上貼りで直す手もあるが、風合いが変わる上にかなり貧相な仕上がりなのでお勧めできない。

実質元に復帰させるのが最も難しい被害となるだろう。

 

コンセントの漏電

出典:http://www.firestation24.com/apps/public/news/newsView.cfm?News_ID=224

壁からの雨漏りでは壁面にあるコンセントやスイッチへ雨水が入り込み、漏電を起こす危険性がある。

漏電すると分電盤の漏電遮断機が作動するが、壁内の湿気が解消されなければ何度も落ちることになり、家電やパソコン機器の故障にも繋がりかねない。

築年数が経っていて万一漏電遮断機が故障でもしていれば火災発生の危険性もあり、壁の中という隠れた場所では発見が遅れ大きな被害になりかねないので注意が必要だ。

 

壁内の腐食やカビ、シロアリの発生

壁内の腐食やカビ、シロアリの発生

ずかな隙間を伝い横方向へどんどん広がって行く。

壁内の木材やコンクリート、断熱材などがたっぷりと湿気を吸う事になり、室内側の修理が完了したからと言って十分に乾燥させないうちに壁を戻してしまうと、壁内に大量の湿気が残ってしまう。

この湿気は部材の腐れや錆を発生させるだけでなく、カビやシロアリの温床にもなっていくだろう。

こうした隠れた被害は徐々に建物をむしばみ、いずれは耐震性や耐久性が失われるという建物としては致命的な状態に繋がっていく。

 

家具家電の被害

出典:http://www.leathercleaningrestorationforum.com/forum/showthread.php?52-Aniline-Water-Damaged-Insurance-Claim-How-to-Restore-Water-Damaged-Leather-effectively-in-an-Insurance-Claim

壁から雨漏りは建物だけでなく、その周辺にある家具に染みを作ったり変形させてしまうこともあるだろう。

また部屋にある家電が濡れてしまえば故障の原因となり、特にテレビ周りの高額なものが買い替えとなるとかなり手痛い出費だ。

またパソコンやその周辺機器は故障だけでなくデータを失うこともあり、大切なものなら金銭以上のダメージになるだろう。

住宅損傷の火災保険活用 ー 無料調査はこちら」

 

モルタルとはどんな外壁なのか?

モルタルとはどんな外壁なのか?

モルタル外壁とは砂とセメントを水で混ぜたモルタルを塗り固めた外壁である。

特に左官仕上げと呼ばれるコテの塗り跡を意図的に残した表面処理が人気で、モルタル外壁イコール左官仕上げと考えている一般ユーザーも多いほどだ。

このどこか懐かしくまたリゾート風の味わいを感じさせてくれる仕上がりは、一時の流行感は大分収まったが、女性を中心に根強いファンが多い。

ここでは外壁材としての特徴や採用した場合のメリット・デメリット、施工上で注意したいポイントなどをご紹介しよう。

 

材質と特徴

材質と特徴

前述の通り材質はセメントと砂で形成されており、しっかりした仕上げ材で表面処理を行なえば高い耐久性と遮熱性を兼ね備えた外壁材になる。

施工方法は建物の防水層の上にラス網と呼ばれる金網下地を取付けそこにモルタルを塗り、その上にメッシュネットなどを挟んで仕上げ材を塗るのだが、この仕上げ材によって建物の表情が様々に変化する。

また外壁だけでなく内装やレンガやブロックの目地、タイルの下地など非常に応用の幅が広い材料にもなっている。

 

メリット・デメリット

メリット・デメリット

まず大きなメリットはその施工性の良さが挙げられる。

練り物である上に現場成形なので、建物の様々な場所の形状に合わせて施工が可能で、しかも細かいニュアンスまで表面の仕上がり具合を指定できる。

また密度が高い材料なので優れた遮音性や遮熱性を併せ持った外壁材でもある。

一方でデメリットはヒビ割れであり、これは材質の宿命とも言える。

仕上げ材の進化で以前より大分抑えられてはいるが残念ながらゼロという訳にはいかず、採用する際はその対策やアフターケアをチェックすると良いだろう。

さらには他の外壁材に比べ手作業が多く施行に時間が必要で、仕上がりが職人の腕や丁寧さに左右されるので、ゆとりを持って工事を計画することが非常に大切だ。

 

雨漏りの犯人はどれ?モルタル劣化の種類を解説

雨漏りの犯人はどれ?モルタル劣化の種類を解説

雨漏りに繋がる危険性のある代表的なモルタル劣化を解説しよう。

ぜひご住宅の外壁をチェックして頂き、もし発見したなら早急に対処をして頂きたい。

「まだ大丈夫だろう」と先延ばしにしてしまうと非常に危険であり、大抵は数年はそのまま放置してしまい、次に外壁を点検するころには大きな損傷が発生している可能性がある。

確かに即雨漏りに繋がらないものもあるが、被害を最小限にするためには軽度な損傷のうちに対応することが重要である。

 

ひび割れ

ひび割れ

モルタル外壁ではひび割れ最も多く現れる劣化だろう。

経年劣化はもちろん地震や大きな車両が通っても発生するし、築年数が浅くても材料の乾燥と共に現れる事も珍しくない。

ひび割れはモルタル外壁にとって切っても切れない現象だが、その種類によって雨漏りの可能性や対処法も違うので、それぞれについて解説したい。

 

ヘアクラック

ヘアクラック

ヘアクラックはその名の通り髪の毛ほどの細さで幅が0.3mm以下のひび割れだ。

仕上げ材が乾燥する過程で現れるもので、ほとんどが深さも浅く下のモルタルにまでは届いていないので構造上の損傷の心配は少ない。

ただ発生箇所が多いようなら施工時の不良も考えられるので、その場合は専門業者に診断だけでもしてもらうと良いだろう。

 

構造クラック

構造クラック

構造クラックはモルタル下の構造体に地震や沈下などで大きな力が加わると発生する。

幅0.3mm以上、深さ4mm以上のひび割れで別名貫通クラックとも呼ばれ、仕上げ材下のモルタルやその奥の下地まで割れていることも少なくない。

雨水が浸入すれば雨漏りに繋がるばかりか、モルタルの崩れ、下地の腐食などを引き起こし壁の欠落にもなりかねない。

早急に専門業者に連絡を取り、深刻な被害になる前に対処をして頂きたい損傷だ。

 

色あせ

出典:http://peckdrywallandpainting.com/exterior-painting-photo-gallery/

色あせは紫外線によって仕上げ材の塗料の色素が分解されることで発生し劣化の始まりと言えるだろう。

すぐに仕上げ材が損傷し雨水が侵入する訳ではないが、徐々にひび割れなどが発生し症状は進行していく。

仕上げ材が割れて下のモルタルへ雨水が侵入するようになると、雨漏りの危険性は一気に高まるので軽症なうちに対策を講じたいところだ。

 

コケ・藻

コケ・藻

コケや藻は家の北側など日があまり当たらず乾燥しにくい外壁面に発生し、建物の美観を損ない一気に古びた建物のようにしてしまう。

直接外壁を痛めることはないが、苔や藻が発生するということは継続的に湿気が溜まる状態であり、その面の防水機能が失われていることを意味している。

こうなると仕上げ材からモルタルへの浸水が起きるまでは非常に速く、見た目の問題だけだと軽視してはいけない。

住宅損傷の火災保険活用 ー 無料調査はこちら」

 

剥がれ

剥がれ

まだ築年数が浅いのに仕上げ材が剥離を起こしているケースがあるが、これは左官仕上げが非常に流行した時代に、工事経験があまり無い業者による施工不良の可能性が高い。

下塗り材が足りなかったり乾燥が不十分なまま仕上げをしてしまったりと、十分な手間をかけずに施工してしまうと起きてしまう。

放っておくと下地のモルタルが雨に晒され、あっという間に痛んでしまうので早急に補修を行った方が良いだろう。

 

モルタル外壁特有の危険とは?

モルタルに限らず外壁の損傷から雨漏りが起きるかどうかは、表面の仕上げ材とそのメンテナンスが大きく影響する。

ところがモルタル外壁はこれ以外にその素材故の事情で、外壁の劣化から雨漏りが発生しやすい外壁であると言える。

ここではモルタル外壁が持ついくつかの構造的な問題について検証したい。

 

外壁内の構造と重要な通気層

外壁内の構造と重要な通気層

 

現在の住宅の多くは通気層という、外壁と防水シートで覆われた建物構造体の間に数センチの空間が設けられた造りになっている。

この通気層が壁内でカビや腐食の原因となる湿気を外へ逃がしてくれるため、およそ20年前から施工されるようになり、築15年未満の住宅においてはかなりの割合で取り入れられている。

実はこれが外壁からの雨漏り対策においても有効で、損傷などで外壁から雨水が浸入してもこの通気層を通って下に落ちて行き、建物本体には届かないというメリットが生まれている。

 

モルタル独特の問題

しかしモルタル外壁の建物では必ずしも積極的に取り入れられてきたとは言いがたい。

もともと外壁通気工法は非常に手間がかかる上に、モルタル外壁の場合は凹凸部ジョイントの納めなどの問題から、綿密な下準備と豊富な現場経験が必要になってくる。

さらにモルタル外壁は一般的なサイディングよりも重いため、固定する為の胴縁を増やす必要があり、この点でも手間と材料費がかかるのだ。

ただでさえモルタル外壁は時間がかかるのに通気工法まで行なうとなると、大きくコストアップになってしまうためあまり採用されていないのが実情だ。

しかしモルタル外壁からの雨漏りの可能性はこの点に大きく左右されるので、自宅がどのように施工されているか必ず確認するようにしよう。

○通気層無しのモルタル外壁施工

○通気層無しのモルタル外壁施工

○通気層ありのモルタル外壁施工

○通気層ありのモルタル外壁施工

 

ラス網と錆の危険性

ラス網と錆の危険性

モルタル外壁の下地には建物に固定させるためのラス網と呼ばれる金網が貼られており、外壁の損傷から雨水が浸入するとこれが錆びてしまう恐れがある。

モルタル外壁は特に重量がある外壁なので、錆で腐食し破損すれば崩落にも繋がるため大変危険だ。

外壁の損傷は表面だけでなく内部の損傷、ラス網の錆なども専門業者に確認してもらうようにしよう。

 

建物の為に安心な補修方法とは?

建物の為に安心な補修方法とは?

外壁からの雨漏りを防ぐには一番表側の仕上げ材の劣化、損傷を早期に発見しメンテナンスによって進行させないことが重要だ。

しっかり手を加えれば、どんな外壁材でも壁内に雨水が浸入するのを防ぐことは可能なのだ。

ここではその表面にある仕上げ材のメンテナンス方法をお伝えしよう。

 

防水処理

ヘアークラックなどの軽微なひび割れの場合は、それ以上割れが進行しない為と水の浸入を防ぐ意味で住宅用の防水スプレーなどを吹いてあげると良いだろう。

クリア色のものであれば目立たないしDIYとしても扱いやすい。

https://amzn.to/2KQaaiX

 

コーキング

コーキング

モルタル外壁の深いひび割れ=構造クラックをコーキングで補修するのは残念ながらDIYでは難しい。

コーキングが定着しやすいように、専用グラインダーで断面を加工する必要があるからだ。

加工には専門的な知識と経験が必要で、安易に手を出してしまうと逆に傷口を広げてしまいかねない。

もし運良くコーキングができたとしても、今度は仕上げ塗りの色違いの問題が出てくる。

年数の経った既存の外壁と同じ色に仕上げることは専門業者でさえ不可能であり、DIYではせっかくの味わいある外壁を台無しにしてしまうかもしれない。

仕上げ材の下にあるモルタルの損傷チェックも行いたいので、専門業者に初めから任せた方が賢明だろう。

住宅損傷の火災保険活用 ー 無料調査はこちら」

 

塗装

塗装

塗装は最も確実に外壁の寿命を延ばし損傷を防いでくれるので、定期的に行なって頂きたいメンテナンスである。

新築時の塗料にもよるが10年を越えた建物なら、防水機能が失われている可能性が十分にあるためぜひ検討してもらいたい。

同時にひび割れ補修も行ないその上から塗装をかければ、部分補修のように色が変わることも避けられるので風合いも損なわれない。

左官仕上げの悩みのタネである汚れも解消されるなど良い事ずくめだが、次章で解説するモルタル外壁の特徴に合わせた塗料で施工することが非常に大切である。

 

モルタル外壁にお勧めの塗装と選ぶ上でのポイント

モルタル外壁にお勧めの塗装と選ぶ上でのポイント

メンテナンスとして塗装する場合に使う塗料は、仕上げ材のメーカー推奨塗料があればできる限りその指定品を使用する方が良いだろう。

しかしそれが複数ある場合や推奨自体が無い場合は、ここでご紹介する塗料を参考にモルタル外壁に適したものを選んで頂きたい。

 

シリコン塗料

https://amzn.to/2u7s9u2

現代では最も広く使われている塗料で、値段と耐用年数(10〜15年)のバランスも良く商品数も多い。

モルタル外壁に塗装する場合は動きの多い外壁材なので伸縮性のある弾性塗料を選ぶようにしよう。

また艶ありを選んでしまうとかなり風合いが変わってしまうのだが、やみくもに艶無しを選ぶと今度は汚れが落ちにくくなる。

艶の度合いは変えられるので、いくつかのパターンを塗った見本を見ながら、艶と風合いの丁度良いバランスを業者と相談しよう。

 

フッ素塗料

https://amzn.to/2u5Pj40

フッ素は若干コストアップはするが耐用年数が概ね15年〜20年と、高い耐久性を誇る塗料である。

さらにシリコンより防汚性能が高い塗料なので、なるべく艶の無い風合いにしながら汚れを付きにくくしたいならフッ素はうってつけだ。

注意点はシリコンよりも硬めな塗料なので、ひび割れ対策に必ず弾性のものを選ぶようにしよう。

 

https://amzn.to/2KQb5Qr

もともとモルタル外壁は遮熱効果が高い外壁材だが、日当たりの良い立地で夏の暑さをさらに抑えたいなら遮熱塗料もお勧めだ。

塗装すると夏の室内温度を2〜3度程度下げることができる塗料で、数字では小さく感じるかもしれないが体感では意外に大きな違いになる。

こちらもモルタル外壁の仕上げ材に塗装する場合は弾性の塗料を選ぶようにしよう。

ただし耐用年数はフッ素と同程度だが価格は3〜4割増しと高めなので、本当に熱さに悩んでいる方向けと言えるだろう。

 

注意したい塗料

一方でアクリル、ウレタン塗料などは安価だが、耐久性が低く住宅には適さないので注意して頂きたい。

特に飛び込み業者などは金額で目を引くために使うが、耐用年数が10年未満と非常に短く例え安かったとしても割に合わないだろう。

まともな業者であれば決して住宅に使う塗料ではないので、見積りに記載された商品名から種類を必ず確認するようにしよう。

 

雨漏りの修理費も補償される?火災保険の賢い利用法

雨漏りの修理費も補償される?火災保険の賢い利用法

雨漏りは、建物はもちろん家具や家電の被害が加わり大きな出費になり、家計に大きなダメージとなるだろう。

そこで活用したいのが火災保険だ。

火災保険というと火事の時に使うものと思いがちだが、その内容によっては雨漏り被害を補償してくれて、自己負担額がゼロになる可能性もある。

ここでは火災保険が利用できるかの確認方法や実際の申請の流れ、補償をしてもらう上でのポイントを解説しよう。

 

火災保険の内容を確認

火災保険の補償適用となるのは台風や竜巻、大雨や雹、大雪など自然災害が原因で建物が損傷を受け、雨漏り被害が発生した場合だ。

火災保険にはそういった自然被害を補償する特約があり、それを付加してある契約なら補償になる可能性がある。

お持ちの保険証券や契約時の説明書類で確認し、もしわからなければ保険会社へ電話で問い合わせをしてみよう。

ただし実際には外壁が自然災害で損傷することは稀であり、火災保険で補償になった自然災害の損傷は、屋根の方がはるかに多いことはご承知頂きたい。

何が雨漏りの原因なのかは保険を利用する上で非常に重要になるので、まずは専門業者にしっかりと調査してもらうことから始めよう。

 

保険会社への申請手順

実際に保険会社へ補償を申請する手順は以下の通りとなる。

特に申請が受理される前に工事を始めてしまうと補償の対象外になる事もあるので、きちんと保険会社に確認してから着工するようにして欲しい。

 

1.保険会社へ連絡し補償に必要な書類を送ってもらう。

2.申請書類と状況報告書を作成し、修理の見積書と一緒に保険会社へ送付する。

3.保険会社から依頼された損害鑑定人が損傷や被害の調査に来る。

4.鑑定人の報告と申請書類をもとに保険会社が審査を行なう。

5.審査が承認されると補償額が決定し修理に取りかかる事ができる。

 

補償してもらう為の重要ポイントは?

火災保険の自然災害特約で補償をしてもらう為には自然災害が原因の被害であることと、被害の詳細な状況をしっかりと状況報告書で伝えなければならない。

しかしそのためには多くの専門的知識と豊富な経験が必要で、不慣れな者が行うと大変な時間がかかってしまうだけでなく、内容が不十分で承認されない危険性もある。

ここは自分で作るよりも、申請の実績の多い専門業者に、見積り作成も含めて依頼した方が良いだろう。

せっかく補償されるべき被害なのに書類の不備で受理されなかったら非常にもったいない。

ぜひ協力をしてもらい修理の自己負担費を軽減して欲しい。

 

まとめ

まとめ

モルタル外壁はその素材の特徴から通気工法が積極的に採用されてこなかった為、年数の経った建物はもちろん築年数の浅い建物でさえ雨漏りの危険性の高い外壁となってしまった。

しかしその特徴をしっかり理解し、定期的に適切なメンテナンスを行えば、雨漏りの発生を十分に抑えることができる。

また万が一雨漏りが発生しても火災保険を賢く利用することで、家計の出費を抑えることができるかもしれない。

普段からその状態を気にかけ、定期的な点検と補修を築年数が浅いうちから専門業者に行ってもらうことで、雨漏り被害の予防効果は高まるだろう。

住宅損傷の火災保険活用 ー 無料調査はこちら」

建築に関わる専門知識、経験を活かし、建築や内装に関わる「ヒト」「モノ」「サービス」を効率的かつ有効に結びつけるため、建築関連のオウンドメディアを運営。その他WEBコンサルティング事業、コンテンツ販売事業を展開。ホームページはこちらより。

無料調査依頼フォーム/修復ラボ
お名前必須
メールアドレス必須
電話番号必須
現在のご住所必須
調査物件住所必須
建物の種類必須
損傷箇所必須
損傷箇所詳細任意
加入中の保険必須
保険金が下りた場合工事をさせて頂くことに御了承頂けますか?(もちろん、下りなかった場合は工事する必要はございません)必須
その他ご質問任意
利用規約同意の上
モルタル外壁から雨漏り?その危険性と補修方法を徹底解説!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です